Office 2010サポート終了!今から始めよう、Office 移行準備



迫りくる Office 2010 サポート終了

2020 年 10 月 13 日に、Office 2010 の全てのサポートが終了します。



ご存知ですか?Office のサポート ライフサイクル日程



マイクロソフトでは、製品発売後、最低 5 年間のメインストリーム サポートと、最低 5 年間の延長サポート (合計最低 10 年間) を提供しています。
サポート期間終了後は、セキュリティ更新プログラムや有償サポートを含むすべてのサポートが受けられなくなります。


製品名 ライフサイクルの開始日 メインストリーム サポートの終了日 延長サポートの終了日
Office 2010 2013 年 7 月 23 日 2015 年 10 月 13 日 (終了)

2020 年 10 月 13 日
(残り 3 年を切りました)

Office 2013 2014 年 2 月 25 日

2018 年 4 月 10 日 (終了)

2023 年 4 月 11 日
Office 2016 2015 年 9 月 22 日 2020 年 10 月 13 日 2025 年 10 月 14 日



Office 2010、まだまだ使えるんじゃないの?



 
 
脅威の進化に追いつけない!

標的型メール攻撃、ランサムウェアなど、日々進化を続けるセキュリティ脅威。世界規模のインテリジェンスをベースに常に最新のセキュリティで組織を守る Office 365 ProPlus のご使用をお勧めします。
  多様な働き方に対応できない!

働き方改革があらゆる組織の最優先事項となっている今、場所や時間にとらわれずに働ける環境が求められています。いつでも、どこでも生産性と安全性を維持しながら働けるビジネスアプリケーションが必要です。
  2020 年 10 月、Office 2010 のサポートが終了

最新環境への移行は、準備期間が必要。今から移行を進めれば、直前に慌てることなく、余裕を持って対応できます。

 


Office の移行を安心&スムーズに。ポイントは「早めの導入」です!



ーーー時間をかけて互換性検証、導入準備を行い、サポート終了とともに全社展開を図る。
こうした従来の手法は時間がかかる上、リスクが大きく、IT 担当者の負担も大変なものでした。
Office 365 ProPlus への移行は、業務単位、グループ単位でトライ&エラーを繰り返し、段階的に全社へと展開するのがオススメです。
リスクを早期に解消し、負荷分散を図りながら無理なく最新環境へ移行できます。


トライ&エラーでスピーディーに!


例えば、まずは IT に詳しい部門で使ってもらい、使い勝手や問題点を確認。情報を吸い上げて、次の展開へ。リスクを解消し、完成度を高めながら導入できるのでスピーディーに展開できます。

段階的展開で負荷分散!


サポート終了の時期にこだわらず、業務単位や部門単位で段階的な展開を。IT 担当者の負荷を分散しながら余裕を持って進められるので、最新環境へ全社で無理なく移行できます。

優先度をつけてスマートに対応!


互換性検証ツールで対象箇所の優先度付けがスムーズ。
導入後も、Office 365 ProPlus は、常に最新を保つため、変更への対応も緩やか。広範囲への展開前に動作確認ができる検証用のビルドの提供で、組織への展開前に十分な検証期間を設けることが可能です。



Office 365 のお見積もりはライセンスオンラインBizで







トップページに戻る